おちいし司法書士事務所@福岡県久留米市のブログ

このブログでは、おもに相続・遺言、登記手続きのことについて書いていきます。

ホームページはコチラ!→http://www.ochiishi-office.jp/

休眠抵当権の抵当権者(個人)が知っている人だったら?

こんにちは、福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所の落石憲是です。

 

これまでに2度、休眠抵当権のことを書きました。

 


いずれのケースも何度も手続きをさせていただきましたが、
今回、はじめてのケースに出会いました。

 

 

最初は、親から子への生前贈与のご相談でした。 

登記情報を確認すると、たしかに親名義の不動産でしたが、
1筆だけ、明治時代に登記された抵当権が2つ(どちらも同一人物が抵当権者)
登記簿に残ったままになっていました。

 

そのことをお客さまにご説明すると、

「その方は知っています。
 曾祖父にあたる人です。」

とおっしゃったのです。

 

それを聞いた私はビックリ(@@)

土地の所有者の方が昔の抵当権者のことをご存じであることは
ほとんどないだろうと思っていました。

だって、100年くらい前の人のことですから。

しかし、今回のお客さまのようにご先祖様だったらありえますね。

 

お客さまは、今回、この休眠抵当権の抹消もご希望でした。

さて、どうするか?

 

f:id:ochiishi:20161027151819j:plain

 

以前書いたケースでは、

供託して抹消登記をしましたが、

抵当権者を知っていると聞いたからには、この方法は使えません。

抵当権者の相続人を探す必要があります!

抵当権者は江戸時代のお生まれでしたので、
今、戸籍を請求しても廃棄されて取れなかったと思います。

でも、お客さまが30年ほど前に別の相続登記をされたときの戸籍を
保管されていて、その中に必要な戸籍があったので、
相続人を調べることができました。

 

総勢28名!!!

 

抵当権を抹消する方法は、

  1. 原則どおり、抵当権者全員と土地の所有者とで共同申請
  2. 裁判をして、勝訴判決をもとに土地の所有者だけで申請

の2通り。

 

1.だと、(抵当権の登記済証はないででしょうから、)
相続人全員に印鑑証明書をご準備いただく必要がありますし、
全員に法務局から事前通知がなされます。

事前通知はだれか一人でも期限までに法務局に返信しなければ
やり直しになってしまうリスクがあります。

(法務局からも嫌がられるでしょうね。)

 

※事前通知のことはコチラをお読みください。


だから、2.の裁判手続きを利用して手続きをすることにしました。

 

いきなり裁判所から訴状が届いたらびっくりされるでしょうし、
気分を害されて訴状を受け取らない人がいるかもしれません。
すると、手続きが進みません。

 

そこで、この抵当権者の相続人全員あてに
抹消登記手続きへの協力依頼の手紙を送りました。

 

数か月かかりましたが、全員から協力していただけるとの返事をいただき、
いよいよ裁判。

 

つづきは、次回!

 

▼手続きのことでご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください!

f:id:ochiishi:20140603154305j:plain

              ↑  ↑  ↑

お問い合わせフォームもご用意しています。24時間受け付けています。

電話はちょっと。。。という方は、お気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください!

 

▼オススメ本

休眠担保権に関する登記手続と法律実務―不動産登記法70条3項後段特例、清算人選任、公示催告・除権決定、抵当権抹消訴訟―
 

  

▼関連記事