おちいし司法書士事務所@福岡県久留米市のブログ

このブログでは、おもに相続・遺言、登記手続きのことについて書いていきます。

ホームページはコチラ!→http://www.ochiishi-office.jp/

戸籍の附票ってご存じですか?

こんにちは、福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所の落石憲是です。

 

名義変更登記のお客さまには、いろいろな書類をご準備していただきます。

  • 権利証(登記済証、登記識別情報)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 戸籍の附票(ふひょう)

などなど。

 

ところで、戸籍の附票ってご存じですか?

 

戸籍の附票とは、本籍地の役場で保管されていて、過去の住所移転の履歴が記録されています。

 

住所を示すものといえば、「住民票」を思い浮かべる方が多いと思います。

ただ、住民票だと、前の住所の記載や同一市町村内での住所移転の記載しか載りませんよね。

そうすると、何度も複数の市町村に引っ越しをされていると、すべての住所移転を住民票で示すためには、複数の役場で住民票を取らなければなりません。

この住民票は、除かれてから5年経過すると取れなくなってしまいますので、すべての住民票(住民票の除票)が取れるとは限りません。

 

一方、戸籍の附票は、住所移転の届けををすると、その役場から本籍地の役場にその都度通知されますので、すべての住所が記載されるのです。

f:id:ochiishi:20140616161556g:plain

札幌市役所ホームページの画像を引用)

 

ただし、この戸籍の附票は、戸籍自体が作り替えられると、そのときに附票も作り替えられます。

最近では、戸籍がコンピュータ化されたときに作り替えられました。

 

だから、戸籍のコンピュータ化前からの住所移転の変遷を戸籍の附票で示すためには、

  • 現在の戸籍の附票
  • コンピュータ化前の改製原附票

が必要になることもあります。

 

役場で請求する際は、

「どこからどこまでの住所移転がわかるもの」が必要であると、

申請書や窓口の方に伝えるとスムーズに取れると思います。

 

※登記手続きをご依頼いただければ、当事務所が代わりにお取りすることもできますので、お申し付けください!

       ▼ くわしくは画像をクリック ▼

f:id:ochiishi:20140604135703j:plain

 

▼おちいし司法書士事務所ホームページ

http://www.ochiishi-office.jp/