読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おちいし司法書士事務所@福岡県久留米市のブログ

このブログでは、おもに相続・遺言、登記手続きのことについて書いていきます。

ホームページはコチラ!→http://www.ochiishi-office.jp/

クリックしていただけると嬉しいです→ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ

『家族と法』

久留米の司法書士の落石です。

きょうは、本を1冊ご紹介します。 

f:id:ochiishi:20140428152920j:plain

 

岩波新書「家族と法」という本です。

 

わたしが、この本を読むきっかけとなったのは、

4/13の日経新聞「揺らぐ家族観」というタイトルで、自民党高市早苗さんとこの本の著者・立命館大学教授の二宮周平さんへの取材記事です。

 

※この記事「家族はどこへ向かうのか 高市早苗氏と二宮周平氏に聞く」は、電子版に登録すると読むことができます。

 

この本は、

 

第1章 人の出生と子どもの平等―戸籍、氏名、人格権

第2章 パートナーと暮らすこと―法律婚事実婚、パートナーシップ

第3章 家族のメンバーチェンジ―離婚、再婚、親子の交流

第4章 子どもをもつこと・親をもつこと―実子、養子、人工生殖

第5章 人の世話をすること―保護と自立へのサポート

第6章 人の死と財産の承継―相続、遺言、遺留分

第7章 家族のトラブルを解決するには

と、誰もが経験する家族に関することについて書いてあります。

 

これから、こどもの日や母の日、父の日と、家族にまつわる日が続きます。

この本で、一度、家族に事を考えてみてはいかがでしょう?

 

     

 

※この本は2007年に出版されたものですので、その後の判例や法改正(たとえば、婚外子の相続差別に関する最高裁判決など)には対応していません。